インプラント治療 | 高鼻なりた歯科医院 - さいたま市大宮区の歯医者さん

さいたま市大宮区・高鼻にある歯医者さん / 高鼻なりた歯科医院

インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?インプラント治療とは、歯が抜けてしまった場合、その失った部分を補うための治療法です。近年、材質や治療法の進歩により安心して受けられる歯科治療として、多くの患者さんにも受け入れられてきています。

ただ「インプラント」という言葉はよく耳にするようになったけど、手術が痛いのではないか、怖いのではないか、などの不安もあることと思います。また保険外の治療になってしまうので、治療費の心配もあると思います。

インプラント治療当院では患者さんとのコミュニケーションで、そういった疑問点や不安に思ってることをすべて解消していただいてからの治療になりますので、入れ歯でお悩みの方や、歯を失ってしまった方など、まずはご相談だけでもお気軽にしていただければと思います。



失ってしまった歯の治療法失ってしまった歯の治療法


高鼻なりた歯科医院ではインプラント専門医・梅津 清隆先生を招きまして、より高度で確実な治療ができる体制をとっております。かみ合わせの問題だけでなく、歯周病学の観点から術後の治療形態、審美性、清掃性などを考えた上で最善の治療を行っています。

staff04.jpgインプラント治療担当医
Dr. 梅津 清隆 Kiyotaka Umezu, DDS, MS

日本歯科大学歯学部卒業
米国ロマリンダ大学歯学部インプラント科卒業
米国理学修士号取得
米国インプラント学会ABOI認定医



インプラント治療の実際

インプラント治療は基本的に1回法と2回法の2種類があります。
1回法のインプラント手術
1回法は手術を1回だけ行う方法で、インプラント体と言われるチタン製の歯の根の代わりになるものを埋め込み、そのインプラント体の頭を露出させた状態で数ヶ月間待ち安定させます。最後に人工の歯(上部構造)を固定して完成です。

2回法のインプラント手術
2回法では1回目の手術でインプラント体を埋め込んだらそのまま歯ぐきを縫合し3ヶ月~6ヶ月の治癒期間で安定させます。そして2回目の手術でアバットメント(インプラント体と歯をつなぐもの)を装着し、仮歯を入れて1ヶ月ほど安定させます。それから歯を被せて完成になります。


定期検診(メインテナンス)の重要性

定期検査(メンテナンス)の重要性インプラント治療を行った後は、入れたインプラントを維持するために定期的な検査やメインテナンスを行うことが必要不可欠になります。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病になってしまったり、インプラント周囲に炎症が起きてしまうと、せっかく行った治療が無駄になってしまいます。なので天然の歯以上に日頃のお手入れはもちろん、定期的なメインテナンスがとても大切なのです。
インプラント治療のメインテナンスではインプラントの周囲に炎症が起きていないか、人工の歯(上部構造)がゆるくなっていないか、噛み合わせは問題ないかなどをチェックします。
お手入れをしっかりしていればインプラントは長い期間使うことができ、患者さんの生活の質も維持されます。インプラントを行った際にはメインテナンスを必ず行うようにしてください。

定期検診受付 TEL(048)641-2404

cont_bot01.jpg

診療時間

高鼻なりた歯科医院

治療費について
CT撮影装置について

当院の衛生管理

診療日カレンダー

モバイルサイト


bb0117.pngbb0117.png

ネット予約は初めての方専用です。
初めての方以外はご遠慮下さい。