歯周病治療 | 高鼻なりた歯科医院 - さいたま市大宮区の歯医者さん

さいたま市大宮区・高鼻にある歯医者さん / 高鼻なりた歯科医院

歯周病治療

歯周病治療

perio07.jpg

お口の成人病とも言われる歯周病

推定患者9000万人と言われる歯周病。つまり、成人の80%の方が歯周病にかかっています。歯周病は気づかないうちに進行する病気ですが、自然に治るものではないので、放っておくと悪化の一途をたどります。さらに、口臭がある人の約8割は歯周病といわれています。早期の発見・治療・対策と適切なブラッシングで歯周病を防ぎましょう。


どうして歯周病になってしまうのか?

どうして歯周病になってしまうのか?お口の中が正しく清掃されないと、歯に汚れ(歯垢・歯石など)が付いてきます。するとこの汚れの中にいる歯周病原因菌が歯を支えている組織を壊し、歯がグラグラしてきてやがては歯が抜け落ちてしまいます。これがいわゆる歯周病(歯槽膿漏)と言われるものです。


歯周病検査を受けましょう

歯周病検査を受けましょう歯周病といっても若い人に起こりやすい歯周病や年配の方に発症しやすいものなど様々なタイプの歯周病があります。まずその歯周病の病態や部位を明確にするために検査をする必要があります。
初診時には、歯周ポケットの深さ、歯槽骨の状態、プラーク(歯垢)の付着状態、歯の揺れ具合、歯肉の炎症の程度,咬合状態などを検査してから処置に入っていきます。

口腔内カメラによる「視える化」口腔内カメラによる「視える化」
お口の中で何をされているか分からないことが多い歯科治療。今日の治療は何をしたんだろう、と疑問に思ったことはありませんか?当院では、口腔内カメラやスライドを用いて目で見て分かりやすい歯科治療に努めています。

歯周病治療の流れ

1、歯周病検査・前処置

まず最初に歯周病検査を行い、炎症が強い場合などには必要な治療を行います。

歯周病検査・前処置

2、プラークコントロール

患者さんご自身がブラッシングである程度歯の汚れが除去できないとまた再発してしまうので、正しいブラッシングの仕方をご指導させていただきます。

プラークコントロール

3、スケーリング

歯に付いた歯石(主に見えているところ)を除去します。

スケーリング

4 、再検査

ここまでで歯肉がどの程度まで回復しているか、もう一度検査します。その結果が良好であれば、歯周治療はメインテナンスに移行しますが、もう一度プラークコントロールを行う必要があれば行います。歯周ポケットの深いところに歯石が残っている場合はスケーリング、ルートプレーニングを行います。

再検査

5、スケーリング、ルートプレーニング

専用の器具を使い、奥深い所の歯石を除去します。また細菌によって汚染された歯の表面を取り除き、滑沢に仕上げ再び汚れがつきにくくします。

歯周病スケーリング、ルートプレーニング

6、再検査

スケーリング、ルートプレーニング後にもう一度回復状態を検査します。これでも良い結果が得られない場合には歯周外科処置に写ります。一回目の再評価検査時に良好な結果が得られなかった部位の改善状況を確認します。予測した結果が得られないときは、歯周外科手術を行います。

再検査

7、歯周外科処置

これまでの治療で治りきらなかった部位に対して歯周外科処置を行います。症状に応じて必要な処置を行います。

歯周外科処置

8、メインテナンス

すべての処置が終わってもまたお口の中の状態がもとに戻ってしまうとまた再発してしまいます。毎日の正しいブラッシングができることも大切ですが、歯科医院による定期検診も必要です。定期的な歯科検診でお口の健康をいつまでも保ちましょう。


定期検診を受けましょう!
お口の問題はなるべく早く発見し、治療も早く済ませた方が時間も短く、費用も少なく、さらには痛みも少なく済みます。もちろん検査をして何もなければそれに超したことはありません。
高鼻なりた歯科医院では、随時定期検査を受け付けておりますので、3ヵ月に1度くらい、最低でも半年に1度くらいは歯のクリーニングを兼ねて定期検診にいらしてください。

定期検診受付 TEL(048)641-2404

歯周病治療のこだわり

1.予防主体の歯周病治療を取り入れています

予防主体の歯周病治療を取り入れています当院では、予防の歯科先進国である北欧の歯周病治療を取り入れています。
北欧の歯科医療は日本のように治療主体ではなく、予防主体となっています。それはどういうことでしょうか。
「歯科医院は痛くなってから行く」という考えでは、いつかは歯を失うことになるでしょう。
歯は何回もの治療に耐えられるほど頑丈ではないのです。
有名な論文に大小に限らず虫歯に対する何らかの歯科治療を受けるのは5回が限度であるとされています。つまり、6回目は抜歯になるということです。歯にも限界があります。歯を守るために重要なのは治療を繰り返すことではなく、虫歯にならないようにすることや歯周病にならないようにするための予防なのです。


2.定期的なクリーニングへのこだわり

どうして1日に2回、3回と歯を磨いているのに歯周病になってしまうのでしょうか。
ズバリそれは、磨けているようで磨けていないからです。お口の中は見えないところがたくさんあり、また歯ブラシが届かないところもたくさんあります。

定期的なクリーニングへのこだわりまた歯と歯の間の汚れや、歯周病で深くなったポケットの中の汚れは、ご家庭での歯磨きでは残念ながら除去することは出来ません。そこの部分はどうしても歯科医院での専用器具により、専門家である歯科衛生士や歯科医師でしか取り除くことはできませんので、定期的な検査やクリーニングは必ず必要になってきます。

当院では担当衛生士が継続的にお口のメンテナンスをしてまいりますので、僅かな変化も見逃すことなく、患者さんの健康のために末永いお付き合いができるかと思います。

エアフローマスターピエゾン最新機器の導入
「エアフローマスターピエゾン」
超音波や空気の力で歯石を除去したり歯の表面を綺麗にするための機械です。従来型のものは別々の機械でやる必要があったため患者さんにも負担になっていましたが、これ1台でできるようになりました。また歯周ポケットの中も綺麗にできるので、これまでより歯周病の予防効果が期待できます。

cont_bot01.jpg

診療時間

高鼻なりた歯科医院

治療費について
CT撮影装置について

当院の衛生管理

診療日カレンダー

モバイルサイト


bb0117.pngbb0117.png

ネット予約は初めての方専用です。
初めての方以外はご遠慮下さい。